HOME サイト概要 運営組織 プライバシーポリシー 提携募集 カウンセラー募集 LINK
           

ネゴシエート交渉術

交渉の準備 交渉開始 交渉の決断 交渉の位置取り

映画でも時々スポットがあたるネゴシエーター(交渉人)!
巧みな話術で交渉を成功させてしまうすごいテクニック!憧れますよね。
我々も、あんなテクニックを身に付けたいと思ったことはありませんか?
確かに、ネゴシエーターになるためには様々な知識を身に付けなけなければいけませんが、そこまでならなくても少し知識を付けるだけで格段に交渉力は向上すると思います。そして、その技術をビジネスや日常生活で役立てることができるとしたら、これほどすばらしいことはないはず!!

■ 交渉の決断

▼ MISSION 1 「最後の決断時相手は迷うもの!」

交渉も無事に進み最後の締めに差し掛かったりすると人は不安に陥るものである。交渉相手は自分の決断に対して不安になるのは自然な感情だといえる。しかし、交渉をしているこちらとしてはたまらない。直前で契約がダメになってしまう可能性もあるからだ。こんなときこそ冷静な対応を心がける。決して感情的になってはいけない。
要するに、最終合意に達するまでは気を抜くなということになる!もう決まったかのごとく行動を起こすことはよくない。

▼ MISSION 2 「最悪のシナリオを想定しておく!」

交渉において必ず成功するということは難しいのが現実である。そのため、最悪の事態を想定しておくことは必要である。想定をしておくということは対処法も一緒に考えるということである。ビジネス交渉においての最悪のシナリオとは交渉決裂のときだと思う。営業においては契約が取れなかったときであろう。こんなときは、なぜ契約ができなかったのかを分析し、次回の場面で役立てようとプラス思考で行きたいものである。

▼ MISSION 3 「交渉に勝ち負けはない!」

交渉は、勝負ではないから勝ち負けは存在しない!先ほどから成功という言葉を良く使っているが、厳密には成功も失敗もない。交渉とは常に相手と共通の利益のために行なうものだからである。ある一方だけに有利な契約はしないものだからである。交渉の結果によって契約が成立するということはお互いに相手を必要としているということである。

 
Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved.