HOME サイト概要 運営組織 プライバシーポリシー 提携募集 カウンセラー募集 LINK
           

抗精神病薬の解説

■精神病の薬は非常に多種多様です。専門家だけではなく、患者側・親類・家族にもある程度の知識があれば突然の事態にもあわてることなく対応できると思います。ここでは、抗精神病薬を簡単に紹介します。
※薬も日々研究開発や進化をしており、ここで紹介できない薬もあります。
※現在製薬会社の合併が頻繁に起こっていますが、従来の会社表記や商品表記になっている場合がございます。
※薬品名順

 ラ行

【リスパダール(リスペリドン)】  ヤンセンファーマ

効用: 統合失調症
特徴: 幻想・妄想のみならず情動純麻などの陰性症状も改善する。

【ルーラン(ペロスピロン)】  住友製薬/吉富製薬

効用: 統合失調症
特徴: 幻想・妄想のみならず情動純麻などの陰性症状も改善する。

【ルバトレン(モペロン)】  山之内製薬

効用: 統合失調症
特徴: 副作用の発現頻度も低いことから外来患者や高齢者に適している。

【レボトミン(レボメプロマジン)】  三菱ウェルファーマ/吉富製薬

効用: 統合失調症・躁病・うつ病における不安や緊張
特徴: 急性期や睡眠障害に用いられる。

【ロドピン(ゾテピン)】  藤沢薬品工業

効用: 統合失調症
特徴: 不安・焦燥・緊張症例への鎮静効果がある。

Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved.