HOME サイト概要 運営組織 プライバシーポリシー 提携募集 カウンセラー募集 LINK
           

抗精神病薬の解説

■精神病の薬は非常に多種多様です。専門家だけではなく、患者側・親類・家族にもある程度の知識があれば突然の事態にもあわてることなく対応できると思います。ここでは、抗精神病薬を簡単に紹介します。
※薬も日々研究開発や進化をしており、ここで紹介できない薬もあります。
※現在製薬会社の合併が頻繁に起こっていますが、従来の会社表記や商品表記になっている場合がございます。
※薬品名順

 ア行

【アビリット】  住友製薬

効用: 統合失調症・うつ病・うつ症状・胃・十二指腸潰瘍
特徴: 催眠鎮静作用はほとんどなく、情動不穏が目立たず症状は安定している場合に用いられる。

【インプロメン】  三菱ウェルファーマ/吉富薬品

効用: 統合失調症
特徴: 抗幻覚・妄想作用を示す。即効性がある。

【ウインタミン】  塩野義製薬

効用: 統合失調症・躁病・不安・緊張・嘔吐・催眠・鎮静・鎮痛剤の効力増強
特徴: 初の抗精神病薬。鎮静作用が強く、制吐作用もあり、体温調節機構も抑制する。

【エミレース】  山之内製薬

効用: 統合失調症
特徴: 鎮静作用は弱い。

【オーラップ】  藤沢薬品工業

効用: 統合失調症・小児の自閉性障害・精神遅滞の症状
特徴: 無為・自閉などの症状を改善させるが、催眠鎮静作用は弱い。

Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved.